ダウンロード


満月の夜。

戦いに敗れた屍が土に還り、エリクサーとなって生まれ変わる夜。

その神秘的な夜に、大小いくつもの影が蠢いていた。

 

「いつまでもメソメソしてんじゃねえよ」

口火を切ったのは、仲間内で「不愛想」と呼ばれているバーバリアンだった。

 

バーバリアン、アーチャー、ジャイアント。

それぞれのユニットが、アーミーキャンプの芝生の上に思い思いに腰を下ろしている。

 

姿かたちは違えども、その表情は共通して張りがなく、みな俯き加減に首を傾けて黙っていた。

 

「負けたのは俺たちに力がなかったからだ。泣いていても、いつまでも勝てるようにはならねえ」

不愛想はそう言うと、生まれ変わって新品になったばかりの剣の先を、人差し指でそっと撫でた。

 

「でも、さっきの村は6時から攻めるより10時からのほうが――」

「やめとけ『理屈屋』。チーフの悪口は言わないほうがいい。お前のためにもな」

遮られた「理屈屋」は、少し不服そうに口をつぐんだ。

 

不愛想が苛立ちを露わにして口を開く。

「とにかく、まずはユニットの強化が先だ。研究室にウィザードを追加しろ。でないと俺たちは――」

「本当にそう思うかい?」

 

投げかけられた言葉に、みなの視線が泳ぐ。

睨みつける「不愛想」の視線の先には、一匹のゴブリンが芝生をむしりながら卑屈な笑みを浮かべていた。

 

「皮肉屋……」

「無理しなくていいんだぜ、『不愛想』。

 ここ最近のクラン大戦の戦績は1010敗。俺たち立派な弱小村だ。その原因は何だろうなあ」

 

「それは……」

助けを求めるように送った目線を拒絶するジャイアント。聞かなかったことにして爪の手入れをするガーゴイル。


 jcymmmehpx


「俺たちが弱いからか? 確かにそれはあるかもしれない。

 もし、俺たち全員が本当に全力で戦っているならな」

「どういうことだ」

「いるだろ? 『二人だけ』全力で戦っていない奴が」

 

「……キングとクイーンの悪口はやめろ」

「ふっ、その言葉はお前自身が、それを事実だと認めちまったようなもんだぜえ?」

 

俯いた『不愛想』は、剣を握った右手に力を込めた。

『皮肉屋』が自嘲気味に笑う。

彼の緑色の皮膚には、ひと際暗い闇が影を落としていた。

 

「お前にも分かるだろう、『不愛想』。攻撃中に、大砲がくるりと向きを変え、こちらに狙いをつける瞬間。塔の上の狙撃手と目の合う瞬間。

 思い出すだけで体が震えるんだ。夢に出てきて何度も目が覚める。

 俺たちは死んだら、エリクサーになって兵舎から蘇る。それでも怖い、怖いんだ。生き返ると分かっていても、死の淵に立つあの瞬間が。

 だが、あの二人が死ぬことはない。俺たちがどれだけ死ぬ気で戦ったって、眠ればすぐに傷が治る」

 

その分かり切った事実を聞きたくなかったのか、遠くでジャイアントが二人ほど、立ち上がって去っていった。

他のユニットたちも、なるべく「皮肉屋」の声が届かないように、せめてもと目を瞑る。

 

「あの二人は自分たちが死なないのをいいことに、俺たちを利用しているんだ!」

『皮肉屋』の声には、少しばかりの嘆きが混じっていた。

周りには、いつもは他人と関わらないアーチャーたちも寄ってきていた。

 

「分かるわ……クイーンは私たちのことを何とも思っていない。

 私たちのために、彼女は泣いてはくれない」

 

アーミーキャンプでの悲しみの叫びは、一晩中途切れることがなかった。

『皮肉屋』も『不愛想』も、何も話さないままに静かにそこに座っていた。

 

その近くの兵舎の影で、大きな人影が覗いていることに気づきもせずに――。

 

* * *

 

indexe

「あら、浮かない顔して。どうしたの?」

 

村の中心、クロスボウのすぐ近く。

隣り合った二つの台座の一方に腰かけ、振り返りもせずにクイーンは言った。

 

彼女は村のアーチャーの長だった。

改造した小型自動クロスボウを持ち、艶めく紫の髪をなびかせて戦場を駆ける。

 

「あ、いや……」

消沈した様子のキングは、クイーンと目を合わさずに自分の台座にどっかりと腰を下ろす。

胡坐をかいた白い台座は、夜の空気にすっかりと冷えており、その冷たさがキングの尻から背骨までその冷気を伝えていた。

 

「戦いに負けた悔しさは分かるわ。でもあなたには落ち込んでいる暇はなくてよ。

 次の戦いに備えて、やることはたくさんあるのだから」

手鏡越しにキングの表情を見ながら、クイーンは紫の長髪に櫛を入れる。

戦いの後、自慢の髪を手入れするのが彼女の日課だった。

 

クイーンは、部下の前では徹底した鉄面皮だった。

怒りも、悲しみも、喜びも、すべての表情を彼女は消し去っている。

戦いの最中はもちろん、兵舎から出てきたアーチャーが台座の近くを走っているときも、彼女は常に無表情を崩さない。

 

だからアーチャーたちは彼女を恐れていた。

感情が読めないだけでなく、窮地になると突然と姿を消す彼女の能力も、アーチャーたちの心に彼女への恐怖を植え付けていた。

 

しかし、キングは彼女の鉄面皮が偽りであると知っていた。

彼女はキングの前では感情豊かに話し、笑い、そして誰よりもこの村と自分の部下のことを考えていることを、キングは知っていた。

 

「バーバリアンたちは……いや、アーチャーも、ジャイアントもみんな、この村のために死ぬ気で戦っている。そして勝っても負けても、最後にはみんな死んでいく。

 だが、俺たちが死ぬことはない。俺には分からないんだ。それがいいことなのか、悪いことなのか」

「あなたは、戦って死ぬことが美しいとでも言いたいの?」

クイーンは、毛先のチェックをしながら興味なさげに訊いた。

 

「いや、そうじゃない」

「部下に余計な同情をかけることは、それより多くの部下を殺すことになるわ」

キングは、普段自分に向けられることのない冷たい響きに、また少しだけ俯いた。

 

「だから、君はアーチャーたちの前では頑なに笑顔を見せようとしないのかい?」

「そうよ」

キングの問いかけに、髪の手入れを終えたクイーンが厳しい表情で振り返る。

 

「アーチャーの一人一人に情が移ったら、とっさの判断に迷いが生じる。

 私の能力は、部下のアーチャーを犠牲にして私が姿を消す<ロイヤル・クローク>。

 私が生き延びれば、勝てる確率も増えるし、より多くの部下が死なずに済む。だから、私はどれだけ嫌われようと、無表情を貫き通すし、彼女たちに同情することはないわ」

それだけ言うとクイーンは、「もう話すことはない」とでも言うように、黙って台座の上に寝転がった。

 

キングは一人、エリクサータンクのガラスに反射したアーミーキャンプの灯りを見つめていた。

静まり返った闇の隙間を縫って、遠くから海の音が重く響く。

 

ふと、キングの台座の脇を、兵舎で生まれたばかりのバーバリアンがすり抜けていった。

過去の戦闘で死んで生まれ変わったはずの彼は、一瞬だけキングに目をやると、すぐに目線をそらせてキャンプのほうへ走っていった。

 

「答えは出せないよ。俺には」

眩暈がしそうなくらい広く、深い星空に、キングはそう独りごちた。


To be continued...


【クラッシュオブクランになったワケ】ないたアチャクイ 後編