>関連するお話


yuka16011240IMG_5770_TP_V

私は自室のベッドに横になって、無機質な白い壁紙を見ていた。

手元のスマホを握りしめる。
さっきまで父親の手にあったスマホだ。

スマホの中を見られた?
いや、パスワードがかかっている。見られるはずはない。
それでも湧き出てくる嫌悪感が、唾となって口の中に溜まる。

私は父が嫌いだった。
父と思ったことすらなかった。
15
歳になった年、突然私と母の家に転がり込んできた見知らぬ男は、私に佐藤という名字を与えた。

父が何をしたわけでもない。
ただ、その存在そのものがどこか生理的に受け付けないのだ。

スマホを目の前に持ち、クラクラを開く。
資源の豊富な村を探して、繰り返しボタンを押していると、不思議と心が真っさらになり、気分が落ち着いた。

目当ての放置村を見つけると、ジャイアントを横一列に並べ、その後ろからウィザードで刈り取る。
守られるウィザード。守るジャイアント。

どんな気分なのだろう。
大砲に打たれ、弓矢で射られても前に踏み出す大男。
そんな大男の後ろで悠然と電撃を放つ髭男。

私がそんな想像をしていると、リビングの方で大きな音がした。
人の歩く気配。父だろう。
しかし、どこか普通でない様子がある。

反射的に飛び起き、自室の扉から顔を出す。
父はどこか悲しそうな顔でコートを着ていた。

「何、してんの?」
「アイスだ」

……は? アイス?」
「お父さんはアイスを買いにコンビニに行くんだ」
「あ、そ」

お父さん、という呼称が気に入らず、私は首を引っ込めた。
どこか行ってしまえ。そう思った。

「お父さん」が本当にどこかへ行ってしまうなどと、露ほども思わずに――。

* * *


yuka16011213IMG_5747_TP_V


「秋ちゃん、お父さん見てない?」

次の日の放課後、帰宅した私が自宅の扉を開けると、夜勤に出かける母はそんな風に言った。

「知らない……けど」
「お父さんからメールが来たのよ。しばらく出かける、探さないでって」
「えっ……?」

私は昨夜の父を思い出した。
どこか興奮しているようでありつつも、悲しそうな表情が浮かぶ。

昨日クラクラをしながら寝てしまった私は、朝も父の姿を見ていない。
そもそも、普段から父は私が起きるより早く家を出るから、顔を見ることもない

「会社は?」
「来てないし、連絡もないって」

一瞬、事件とか事故とかいう単語が脳裏をよぎった。
「これ、失踪届け出した方がいいのかな」

不意に出た言葉に、一番驚いたのは私だった。
母も一瞬目を丸くしたが、いつもの優しい顔に戻って、「大丈夫よ」そう言った。

「わざわざ仕事のコートと鞄を持って出かけたんだから、自分の意思で帰ってこないんでしょう。
それらしい事件や事故も聞かないし、何より自分でメールしてきてるんだから」
「そうだけど、自殺とかさ」

すると母は少し首を傾げて笑った。
「大丈夫、あの人にそんな度胸はないわ」

母は少し無理をしていたのだろう。
それでも母は、何事もなかったかのように仕事に出かけた。

残された私は1人、リビングのソファに寝転がって資源狩りをしていた。
何となく玄関の扉が開いて父が帰ってくるような気がして、途中からマナーモードに切り替えた。

ふと、昨夜父が座って私のスマホを手に取っていたあたりに目をやる。
汚いものを見るような目で父を見下ろした自分を想像する。
そのあとバタバタと出て行った父の表情を思い出す。

私が父を追い出したのだろうか。

* * *

 

IMG_2875ISUMI_TP_V

「もしもし、秋? 明日出さなきゃならない英語の宿題もうやったー?」

クラクラを遮ってかかってきた電話を受けると、電話先の美樹はそんな風に訊いてきた。

 

美樹は最近落ち込んでいた。

所属していたクラン「星川高等学校」からキックされたのだ。

どうやらリーダーのnicoの想いの相手に手を出したからキックされたらしい、とか、そんな噂が学校では流れている。

 

そんな美樹も少し元気を取り戻したようだったが、どこか声に元気がないようで、私はそんな美樹を無下にはできない。

「やってないけど」

 

「マジ? なんだー、見せてもらおうと思ったのに。でも今回の宿題、けっこう内申点に響くらしいからやっといたほうがいいよー」

 

内申点、か。

唇さえ動かさず、口の中で呟く。

普通に大学を受験するなら内申点なんて関係ない。それでも人は、人から何らかの評価をされると思うと頑張らざるを得ない。

 

それでも。

確かにやっておかないと面倒な問題として、英語の宿題は横たわる。

 

そういえば、宿題は自由英作文だったような気がする。

私は怠さを抑え込んで立ち上がり、リビングの隅に置かれた旧式のノートパソコンを立ち上げた。

 

イマドキ、スマホがあればパソコンなんていらないのだけれど、何かを調べて書き写すのだとしたら、パソコンのほうが使いやすい。

くすんだ色のパソコンは、時折ジジッと焼けるような音を発しながら、懸命にYahoo!を開こうとする。

 

調べたいのは、「自由英作文 例文」。

そう、面倒な宿題なんて、こうして一瞬で終わらせてしまえばいいのだ。

 

しかし、「自由英作文」の「じ」まで打って、私の指は止まった。

「うわ……」

思わず、一人の部屋で私は呻く。

 

検索窓に「じ」と打ち込んで出てきた予測ワードを、私は一つ一つ摘み上げるように見る。

「女子高生」「女子高生 趣味」「女子高生 遊び」

 

恐らく父が打ち込んだのであろう言葉に、かすかな性の匂いを感じ、私は軽い吐き気を覚える。

自分も女子高生には違いないのに、「女子高生」という言葉にどこか犯罪的な響きを覚えるのはなぜだろう。

 

しかし、汚いものほど見たくなってしまうのが人間なのかもしれない。

私は父の見たページを見たくて、ブラウザの履歴を開く。

 

たとえそこに女子高生のエロ動画が出てこようとも、それはそういうものとして、或いは父をそういう汚い生き物として認めることで、諦められる気がした。

 

「……?」

しかし、表示された履歴に私は首を傾げた。

少なくとも、予想していたようなエロ動画や援交掲示板の類は出てこなかった。

 

「女子高生 接し方」

「女子高生 話題」

 

そんな検索履歴の中に、不自然な語句を見つける。

 

「女子高生 娘 趣味」

「女子高生 連れ子 話題」

 

娘、連れ子……。

その言葉が自分を示すものだと気づき、私は顔が赤くなるのを感じる。

 

これじゃまるで、私を苦しめていたみたいじゃないか……。

検索履歴の一つ一つが父の苦悩の履歴として残っているようで、私は慌ててページを閉じた。

 

私にとって、父は邪魔でしかなかった。特に何かをしてほしいと思ったことはないし、何かをしてもらった覚えもなかった。

それだけだった。父は仕事だけが大切で、私に興味などないのだと思っていた。

 

しかし、そうではなかったということだろうか。

 

静かな動揺に、私はyoutubeを開く。

宿題を終わらせる気など、とうに失せていた。

音楽でも聴いて、気持ちを落ち着かせるのだ。

 

youtubeのトップが表示されると、そこにはクラクラ実況の動画が一面に並んでいた。

どれも私が見た覚えのないものだった。

そして、誰かが見なければトップページにクラクラの実況動画は表示されない。

 

あるとすれば、父しかいなかった。

母はパソコンを使えない。思えば、父は誰にも見られないよう、隠れてパソコンを見つめているときがあった。

 

父がクラクラをしている。

真面目で冗談も言わない、仕事のことしか考えていないような父が、クラクラをしている。

 

思い出したのは、昨夜私のスマホを手に取っていた父の姿だった。

私と打ち解けたいと思った父は、共通の話題を探して私のスマホに手を伸ばした。

それがクラクラであればいい、そんなことを思いながら。

 

そして私に見つかり、父は出ていった。

出ていく間際の父の悲しそうな眉が、口元が思い起こされる。

 

バカじゃないの。

 

今度は声に出して呟く。

バカじゃないの。不器用で一直線な父も、父の関心に気づきさえしなかった私も。

 

私は握りしめていたスマホの電源を入れ、クラクラを開く。

次の対戦で活気づくクランチャットに親指を置いて、力を込めて画面上を滑らせる。

 

aki

父が、失踪しました。

 

こんなことを書いたらクラメンたちは何と言うだろう。

赤の他人である彼らは、それを鬱陶しく思うだろうか。

 

思いながらも、私はその文字を送り出した。

 

何事にも本気になれなかった私は、顔が見えないからこそ本気で人と向き合えることを知った。

顔が見えないクラクラの世界だからこそ、余計なことは気にせず本気で助けてくれるかもしれない。

 

aki

失踪した人を探すには、どうしたらいいんでしょうか。

父を連れ戻したいんです。

 

――お父さんのバカ。早く帰ってきなさいよ。

 

私は父も見ているかもしれない遠くの空を思い切り睨みつけた。

空では白く、そして暗い雲が、ゆっくりと蠢いていた。


To be continued...



最終章・第一話>
最終章・第三話>coming soon

最初から読む>